Top >  食事に気をつけて痛風予防

食事に気をつけて痛風予防

痛風の原因としてよく知られている尿酸。

最近になって、内臓脂肪が尿酸値を上げること、そして尿酸値が高く、内臓脂肪も多いと心筋梗塞を起こしやすいことが分かってきました。

従って内臓脂肪も多く、尿酸値も高めな方は、まず内臓脂肪を減らすことが先決なのですが、食事でプリン体をとりすぎている場合、食事を考えプリン体を減らしてやることが不可欠です。

痛風体質の場合は特に食事に注意

痛風の食事について!

痛風体質の遺伝が考えられる方は特に食事でプリン体のとり過ぎに注意が必要になります。

プリン体は食品中に含まれるうまみ成分の一種で、多く含む食品としては、レバーなどの内臓類のほか、肉類、魚の干物、納豆などが知られています

item

この言葉知ってます?


リンク